医学部 基礎医学衛生学Social and Environmental Medicine

JapaneseEnglish

研究室HP

衛生学2016

 産業労働者の疾病、傷害の予防と健康増進、特に職業と生活習慣の関連、それによる健康障害、および作業関連性のストレス、メンタルヘルス、筋骨格系障害の機序解明と予防対策の確立を課題としている。また、カドミウムを中心とした環境汚染問題。

お問い合わせ

TEL: 076-218-8101 +81-76-218-8101 / FAX: 076-218-8214 / Email: hygiene@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 石崎 昌夫

准教授

  • 櫻井 勝

技術員

  • 山崎 美智子

主な研究業績

部門別研究業績

  • Kakuda H, Kobayashi J, Sakurai M, Takekoshi N. Residual Effect of Sodium Glucose Cotransporter 2 Inhibitor, Tofogliflozin, on Body Weight After Washout in Japanese Men With Type 2 Diabetes. J Clin Med Res 11:35-41, 2019
  • Sakurai M, Nakagawa H, Kadota A, Yoshita K, Nakamura Y, Okuda N, Nishi N, Miyamoto Y, Arima H, Ohkubo T, Okamura T, Ueshima H, Okayama A, Miura K, for the NIPPON DATA2010 research group. Macronutrient intake and socioeconomic status: NIPPON DATA2010. J Epidemiol 28 (Suppl III):S17-S22, 2018
  • Sakurai M, Yoshita K, Nakamura K, Miura K, Takamura T, Nagasawa SY, Morikawa Y, Kido T, Naruse Y, Nogawa K, Suwazono Y, Sasaki S, Ishizaki M, Nakagawa H. Skipping breakfast and 5-year changes in body mass index and waist circumference in Japanese men and women. Obes Sci Pract 3:162-170, 2017
  • Sakurai M, Kobayashi J, Takeda Y, Nagasawa SY, Yamakawa J, Moriya J, Mabuchi H, Nakagawa H. Sex differences in associations among obesity, metabolic abnormalities, and chronic kidney disease in Japanese men and women. J Epidemiol 26:440-446, 2016
  • Ishizaki M, Suwazono Y, Kido T, Nishijo M, Honda R, Kobayashi E, Nogawa K, Nakagawa H. Estimation of biological half-life of urinary cadmium in inhabitants after cessation of environmental cadmium pollution using a mixed linear model. Food Addit Contam Part A Chem Anal Control Expo Risk Assess 11:1-4, 2015

主な外部研究資金

  • 科学研究費補助金・基盤研究(C) 石崎昌夫 平成30-32年度
    職業性ストレスがおよぼす健康関連行動や健康状況への長期的影響
  • 科学研究費補助金・基盤研究(C) 櫻井 勝 平成29-31年度
    やせ、正常体重、および肥満者の代謝異常発症に影響する健康行動・社会的要因の違い
  • 科学研究費補助金・基盤研究(C) 石崎昌夫 平成26-28年度
    日本人労働者の職業性ストレスと脳・心血管疾患発症の関係
  • 科学研究費補助金・基盤研究(C) 櫻井 勝 平成26-28年度
    体組成と健診データの疫学的関連に基づくサルコベニア肥満のスクリーニング方法の開発